テレビアンテナは自作でやるより業者に依頼した方がいい?

地デジアンテナについての基礎知識

男性

アンテナはなぜ必要なのか

アンテナが必要な理由は知っている方も多いと思いますが、分からないという方にも分かりやすくまとめています。知っている方もおさらい程度で結構ですので、なぜアンテナが必要なのかについて軽くご紹介していきますね。
まず、私たちはテレビを視聴する時にテレビと壁にある穴にケーブルを繋げて見ていますよね。この壁の穴がどこに繋がっているかというとその建物の屋根や上部に取り付けられているアンテナと繋がっています。このアンテナは地上デジタル放送などの電波を受信する役割を果たしています。受信した電波はアンテナからケーブルへ、そしてテレビに流れて地上デジタル放送を見ることが出来ます。当然ですが、アンテナがなければテレビは見られません。だからアンテナは必要不可欠な存在なんです。

地デジアンテナとBSアンテナの違い

地上デジタル放送は地デジアンテナで電波を受信します。テレビを視聴できる建物には地デジアンテナが屋根に設置されていると思いますが、地デジアンテナを設置しているのにBSのチャンネルが映らないという家庭はまだたくさんあると思います。実は地デジ放送を見る際に受信する周波数とBS放送を見る際に受信する周波数は全く異なっています。そのため、地デジアンテナでBSの周波数を受信することは出来ません。だから地デジアンテナではBS放送を見ることが出来ないのです。BS放送を視聴するためには、BSアンテナというものを設置します。BSアンテナはBS放送の周波数を受信するアンテナです。それぞれの周波数に対応するアンテナを設置しなければならないことをご理解いただけたと思います。

個人で設置するより業者に依頼するメリット

最近流行っているDIYをアンテナ設置でもしようとされている方が増えています。工事費を浮かせることが出来ると思って個人で設置される方もいらっしゃいます。しかし、地デジアンテナを設置するには屋根の形によってアンテナをどこに置くべきか、アンテナの向きをどうするか、また配線の仕方も考えなくてはいけません。設置場所が悪ければテレビが綺麗に映らなかったり、アンテナがすぐ倒れてしまったりと余計な手間が増えてしまいます。なので地デジアンテナ工事はぜひ専門の業者に頼まれることをおすすめします。地デジアンテナ工事をしている業者は、何百件もアンテナ設置を行っているプロですから、安心して任せることが出来ます。こういった業者は、アフターサービスなども行っているところがほとんどなので、インターネットなどで探してみると良いでしょう。

ブースターとは

テレビアンテナ設置を行ってもアンテナから配線ケーブルの距離などによっては、テレビの映りが悪くなってしまう場合があります。受信した電波が配線ケーブルが長すぎるために受信した信号レベルが弱くなってしまったり、小さな機械を通過する時にも信号レベルが弱くなってしまうことがたまにあります。
そんな時にはブースターというものを導入すると画面の映りが綺麗になります。ブースターは受信した信号レベルを上げてくれる役割を果たします。このブースターは卓上に置くタイプのものもあれば、分散して一方をアンテナのすぐ近くに、もう一方をテレビ近くに設置するタイプのものもあります。