アンテナの種類|テレビアンテナの基礎知識!アンテナを理解して快適なTV視聴をする

アンテナの種類や地デジアンテナ工事についてのご質問にお答えします

あなたはどっち派?

地デジアンテナには主に2種類のアンテナがあります。アンテナの種類を知っておくことで、今後家を建てる時などに役立てると思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アンテナの種類

作業員

地デジアンテナの種類は主に2つ

現在の地デジアンテナはたくさんのメーカーから販売されてます。これまでのアンテナに似たタイプのものとデザイン性や設置場所を選べるタイプの2つが主流です。前者のタイプを八木式アンテナといい、後者のタイプをデザインアンテナといいます。一通り地デジアンテナの種類を知っておくことで、地デジアンテナ工事の際に自分の希望を言えるようにしておくと良いでしょう。

八木式アンテナ

八木式アンテナは従来のアナログアンテナでも採用されていたもので、魚の骨のように何本も棒が並んでいるような形をしています。地デジの八木式アンテナはUHFアンテナと呼ばれることもあります。アナログの八木式アンテナはVHFアンテナと呼ばれていました。現在も八木式アンテナを設置している家は多く、価格帯も4千円前後なので手に入りやすいアンテナです。しかし、八木式アンテナは主に屋根に設置されるので天候や鳥などの影響で損傷する場合もあります。そういった時に業者に設置をお願いしていれば、状態を見てくれたり保証がついていることも多いので、八木式アンテナをつける時は個人で設置せず、業者にお任せするのが賢明です。また、八木式アンテナは素子の数で受信する際の感度を表現しています。数値が高いと受信しやすいので、その点も業者と相談して決めていきましょう。

デザインアンテナ

デザインアンテナは薄型の長方形をしたタイプです。何色か色展開をしていたり、オシャレなデザイン性が特徴です。新築を建てた方がそのデザイン性をかって設置される方が増えています。受信性能自体は八木式アンテナと変わりません。設置方法は家の壁に穴を開けて設置します。価格は1万円前後と高めです。しかし、八木式アンテナよりも簡単に設置することが出来ます。
デザインアンテナを選ぶ前に必ず確認しなければないことが一つだけあります。それは電波状況です。デザインアンテナは電波を拾いやすい屋根ではなく、ベランダや外壁に設置します。その理由はデザインの特性上雨風に弱いからです。屋根以外の場所だと電波が弱くなってしまうことが多いため、デザインアンテナを選ぶ前に電波状況をきちんと把握しておく必要があります。しかし自分で把握するのはちょっと難しいですよね。なのでデザインアンテナを設置する時も業者にお任せしておくと良いです。プロの方ならどこに電波が入りやすいか見極めることが出来ますので、まず間違えないでしょう。

地デジアンテナ工事についてのご質問

アンテナを設置すれば、全部の部屋でテレビを視聴することが可能ですか?

全ての部屋で視聴するためには、アンテナから送られる信号を分配させる必要があります。これを実現するには分配器と呼ばれるものです。分配器を設置して各部屋の壁にケーブルを通す穴を設置すれば全ての部屋でテレビを見ることが出来ます。

ケーブルテレビをアンテナ受信に変えることは出来ますか?

ケーブルテレビとアンテナの配線は同じなので、切り替えることは可能です。その際にアンテナを設置し、配線ケーブルテレビから切り替えれば出来ます。