テレビが映らない!|テレビアンテナの基礎知識!アンテナを理解して快適なTV視聴をする

テレビアンテナを設置してるのに突然テレビの画面が映らなくなった

テレビが映らない!

女の人

ありがちな要因

テレビの画面が映らなくなって、電源を入れようとしても反応しない・・・といった状況を経験されたことがある人は多いでしょう。しかし大半の場合、テレビの配線が原因として上げられます。テレビの裏側にある接続端子が抜けていたり、コンセントが抜けていることはよくあります。コンセントやテレビ端子が抜けていると電源も反応しません。テレビが映らなくなった時にまず確認すべきは端子がきちんと接続されているのか、コンセントがきちんと入っているかです。

ブースターなどの周辺機器

上記の確認をしてもテレビの画面が映らない場合は、ブースターや分配器の故障が原因として上げられます。もしくはケーブルが破損していることも考えられますので、工事を依頼した設置業者に相談してみることをおすすめします。症状としては、突然テレビが映らなくなったり、極端な映りの悪さなどが上げられますから、日頃から画面の調子をチェックしておくと良いでしょう。

テレビアンテナ

テレビアンテナが折れていたり曲がっていたり、いつもと向きが変わっている、倒れているなどはテレビの画面が映らない原因になります。目視で確認出来る位置にあれば良いですが、たいていの場合は確認しづらいので、早めに専門業者に連絡しましょう。業者に連絡を入れる前に、テレビ端子やコンセントの確認、それからリモコン設定で地デジを選択しているのかもチェックするのを忘れずに。

アンテナ以外のアイテム

ブースター

ブースターはアンテナに受信された電波の信号レベルが落ちた場合に、その信号レベルを上げる役目を担っています。ケーブルが長過ぎたり、分配器などの影響で信号レベルが落ちることがあるので、着けておくと安心です。価格は地デジ・BSなどに対応しているもので、およそ4万円ほどです。

BSアンテナ

BSも見たいという方はBSアンテナを設置しましょう。BSは専用のアンテナがないと視聴出来ないので地デジアンテナとは別で購入する必要があります。価格は1万円前後で設置に5千円から8千円ほどかかります。

分配器とアンテナコンセント

各部屋でもテレビを見られるようにしたい場合は分配器が必要です。アンテナで受信した信号を分配器でそれぞれの部屋へ信号を送られるようにします。それに付随して受信した信号を出力させるアンテナコンセントが必要です。部屋の数だけ必要になるので、購入の前に個数の確認をしましょう。価格は1つ大体3千円です。